運動で脂肪を減らすコツ!4

 

 

『運動と疲労の関係』を
お話してきましたが

実はわたし自身、この部分に
気がついていませんでした。

それをあるときに指摘され
考えが変わったのです。

 

あれはわたしが
ブラジルで練習していた時のこと。

ブラジル人選手にこう言われたのです。

「おまえは練習をやり過ぎている
 それは悪いことだ」

 

当時のわたしは
練習をやればやるほどよい
と思っていました。

そのため、このように指摘され
とても驚いたのを覚えています。

 

彼が言っていたのは
練習と疲労回復のバランス”。

 

どうやって練習を進めていけばいいか
おおまかな流れを教えてもらいました。

それを自分に合わせて変えていき
自分にあった練習法を模索して
いったのです。

 

運動で効率よく脂肪を減らすには
疲労回復とのバランスを図ることです。

 

そのためには
ーーーーーーーーーーーーーーー
どうやったら疲労をため過ぎず
運動をこなせるかを考える
ーーーーーーーーーーーーーーー

ここが非常に大切。

 

疲労がたまり過ぎて
代謝が下がってからでは
回復させるまでに時間がかかります。

この間は体重が落ちなくなるので
効率が悪いのです。

 

ではどうすれば
疲労をため過ぎず運動をこなす
パターンが見つかるのか?

 

それは
ーーーーーーーーーーーーーー
カラダの声(反応)に
耳を傾けながら運動すること
ーーーーーーーーーーーーーー

 

ただ運動をこなすだけでは
自分にあった運動パターンは
永久に見つかりません。

カラダとの対話を通してこそ
はじめて見つかるのです。

 

ただし
昔のわたしと同じように

運動すればするほど良い
という思考にとらわれていると
真実が見えません。

 

まずはこの思考から抜け出しましょう!

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

今日のポイント
===============
“運動すればするほど良い”
という思考にとらわれていては
真実がいつまでも見えない
===============

 

 

 

Follow me!