正しいは必ずしもやせない?2

 

 

「食事の減らし過ぎはいけない」

「やせるために減らすとしても
 必要な栄養はしっかり摂ったほうがよい」

このような話がありますよね。

 

確かに間違いではありません。

しかし
これを実践してやせない人が
結構いるのを知っていますか?

 

たとえば

「糖質や脂質は抑えて
 タンパク質はしっかりとる」

やせるために
このような食事をしている人は多い。

 

体重1kgあたり
タンパク質は1g必要なので
必要な分を食事で摂っている。

何も間違っていないように見えますが
実はこの知識が足を引っ張っている
場合があるのです。

 

どういうことかというと、、

知識に目が行き過ぎて
 食べ過ぎていることに気がつかない

こんな落とし穴にはまっているのです。

 

人によって消化能力は異なります。

特に女性の場合は
タンパク質を充分摂ろうとすると
自分のキャパを超えてしまう人が多い。

キャパを超えると
防衛反応によって基礎代謝が下がり
やせなくなっていくのです。

 

では
どうすればいいのか?

 

自分の消化能力のキャパを
超えないようにしながら
栄養を満たせばよいのです。

 

そのための食事法がありますが
それ以前に大切なのは
カラダと向きうこと。

 

自分のカラダがどんな声(反応)を
発しているのか?

ここにしっかり耳を傾ける
ことが必要です。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
================
栄養を満たそうとして
食べ過ぎでやせない人が多い
================

 

 

 

Follow me!