ストレス解消という落とし穴2

 

「ストレス解消には運動が最適!」

という話をしましたが

 

「運動なんてやりたくない、、、」

こう考えてしまう人が
いますよね。

 

実はここに
思考のエラー”が
隠されています。

 

ものごとには
プラスとマイナスの面が
必ず存在します。

 

たとえば
タバコはカラダに悪い
と言われますが

“リラックスする”という
プラス効果があります。

 

このように
プラスとマイナスの面が
共存するのですが
気をつけることがあるのです。

 

それは
何かをやろうと思ったときに

ーーーーーーーーーーーー
マイナス面にばかり
目が行ってしまうこと
ーーーーーーーーーーーー

 

「ストレス解消には運動が最適!」

と聞いたときに

「運動なんてやりたくない、、、」

と思うのは
運動のマイナス面にしか
目が行っていない証拠

 

確かに運動しているときは
カラダに負荷をかけるので
苦しさはあります。

 

しかし
苦しさだけではないのです。

運動中の爽快感や
運動後の達成感もあります

 

何かをやってみようと
思ったときに

「でも、、、」

とマイナス面ばかりに
目が行っていませんか?

 

そう考えてしまうと
一歩踏み出せませんし
行動できても続きません。

 

どこに目を向けるかです。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
===============
ものごとのマイナス面ばかりに
目が行くと行動できない
===============

 

 

 

Follow me!