体重の増減は重要!

 

「一時的な体重の変化に
 一喜一憂してはいけません」

と前回お話しました。

 

では
体重の一時的な変化は
無視していいのかといえば
そんなことはありません。

これも【重要な指標】となる
のです。

 

何の指標になるかと言えば
代謝の指標”。

 

一時的な増減が大きいのは
代謝が高い証拠です。

逆に代謝が低い場合は
増減の幅が小さくなります

 

わたしも減量中
体重の増減をいくつかの方法で
必ずチェックしていました。

 

たとえば
練習前後の体重。

 

練習すれば体重は減りますが
すぐに戻ることは知っていました。

ではなぜ
チェックしていたのかというと
体重差を見ていたのです。

 

代謝が下がってくると
練習前後の体重差が
小さくなっていきます

そのため
ここを見ることで
減量がうまくいっているかを
確認していました。

 

ちなみに、
夏は水分補給をしていても
練習前後で2キロほど
体重が落ちていましたね。

 

わたしが提供している
メールナビでも

ある一時的な体重変化”を
代謝チェックの軸として
使っています。

 

ここを見ていると
悪い流れになる兆しが読めるので
早めの対処が可能となるのです。

すると体重をスムーズに
コントロールできるようになります。

 

一時的に減った体重の絶対値を見ていると
その数字に振る回されることになります。

 

減った体重の絶対値ではなく
変化幅を見ることで
全然違ったことが見えてくるわけです。
 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
=============
一時的な体重変化の大きさは
代謝の高さの指標となる
=============

 

 

 

Follow me!