食事と運動の落とし穴

 

“やせるとやせづらくなる”

これがダイエットの矛盾です。

 

この矛盾を掘り下げると
食事や運動の落とし穴が
見えてきます。

 

“食べなければやせる”

しかし

“食べないと代謝下がり
 やせづらくなる”

 

“運動量を増やせばやせる”

でも

“運動量が増えると代謝が下がり
 やせづらくなる”

 

また

“食べないと代謝が下がるが
 食事量を増やすとやせない”

 

“運動量が増えると代謝が下がるが
 運動量をこなさないとやせない”

 

ここまで見ると
「じゃあどうすればいいの?」
と頭が混乱しますよね。

 

これらすべてに共通するのは
多過ぎても少な過ぎてもやせない

 

もちろん
食事を大幅に減らしたり
運動量をどんどん増やせば
やせます。

 

しかし
それは一時的なもの。

すぐにやせなくなり
リバウンドが待っています。

 

スリムなカラダを手に入れ
その後リバウンドしないためには
多過ぎと少な過ぎの間を選ぶことです。

 

これを【ストライクゾーン
と呼んでいます。

ストライクゾーンこそが
理想のカラダを手に入れる
キーなのです。

 

 

ちなみに
わたしが提供しているメールナビでも
ストライクゾーンは重要課題として
取り組んでいただいています。

 

メールナビとは?

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
==============
多過ぎと少な過ぎの間にある
ストライクゾーンが重要
==============

 

 

Follow me!