夏に向けてのダイエットで失敗しないために4

 

以前、知り合いのプロ格闘家と
このような話になりました。

 

わたし:
「試合決まったんですね」

Aさん:
「あと20日ほどで
10㎏落とさないといけないんだよ」

わたし:
「10kgですか!」

Aさん:
「でも実質5kg
残り5㎏は計量の日に
サウナで落とすんで」

 

プロの格闘技興行のほとんどは
試合前日が計量なので
このような方法がとれるのです。

 

では
当日体重はどうなっているのか?

それは“増えています”。

 

なぜ
増える(増やす)のかというと
ーーーーーーーーーーーーーー
体重を戻したほうが
試合を有利に進められるから
ーーーーーーーーーーーーーー

 

軽自動車とトラックがぶつかったら
どちらが勝つかイメージできますよね?

 

これは極端な例ですが
体重差はパワーの差となります。

そのため
体重を戻し試合にのぞむのです。

でもこの方法を
マネする人がいますよね。

~~~~~~~~~~
汗をかいてやせる
~~~~~~~~~~

確かに汗をかけば体重は落ちますが
それは一時的なもの。

汗で体重が落ちるのと
余分な脂肪が減るのは“別物”です。

 

気温が上がってくると
汗をかきやすくなるので
着こんで運動する人がいます。

 

着こんで走れば
1回の運動で1~2kgは落ちます。

 

でもこれは
汗で体内の水分が出て
体重が落ちただけ

一時的な体重減なので
水分を補給すればすぐに戻ります

 

格闘家が試合前日に
汗で体重を落とすのは

『試合当日に
体重を戻す(増やす)ため』

つまり戻す前提で
一時的に汗で減らしているのです。

 

ではこの方法をマネして
やせますか?

やせるわけないですよね
一時的に体重を落とし戻す方法
なのですから

 

余分な脂肪を減らし
スリムなカラダを手に入れたかったら

汗で一時的に落ちた体重に惑わされて
はいけません。

 

ちなみに
これから暑い季節になりますが
サウナスーツなどを着て運動すると
体調を崩すことにもなりかねません。

ご注意くださいね。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
===============
汗をかいて体重が落ちるのと
余分な脂肪が減って落ちるのとでは
別物と考えることが必要
===============

 

 

 

Follow me!