そんなに食べていないのにやせない理由

 

「そんなに食べていないのに
 やせないんです、、、」

という人がいますよね。

 

実際どのくらい食べているのかを
聞いてみると本当に食事が少ない。

 

なのにどうしてやせないのか?

やせない理由は
食事以外にあります。

 

たとえば

「甘いものを食べたいから
 炭水化物を減らしている
(特に夕飯では摂らない)」

このような人はやせません。

 

それどころか
むしろ太る場合もあります

 

その理由は
ーーーーーーーーーーーーーー
甘いものと炭水化物は別もの
ーーーーーーーーーーーーーー
だからです。

 

どちらも糖質の多い食品に
思えますよね。

 

だから

「甘いもので糖質を摂った分
 炭水化物は減らそう」

と考える人が多い。

 

しかし
甘いものの糖質と
炭水化物の糖質は別もの。

 

甘いものに含まれる糖質は
脂肪になりやすいのです

 

そのため
ご飯などの炭水化物に含まれる糖質と
同じ量を甘いものから摂ったら
やせないどころか太ってしまうのです。

 

甘いものを摂った分
 炭水化物を減らす

 

このように自分の中では
計算が成り立っているはずなのに
やせないのは

実はその計算が
成り立っていないからなのです。

 

甘いものを食べたいからと
炭水化物を減らす人は多いですが

そういう人に限って
思うような結果がでていない、、、

 

こういった状況からも
今回の話がよく分かりますよね。

あなたは大丈夫ですか?

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
================
炭水化物を少なくしても
甘いものが多ければやせない
================

 

 

 

Follow me!