そんなに食べていないのにやせない理由2

 

「甘いものと炭水化物は別ものなので
 炭水化物を少なくしてもやせない」

と前回お話しました。

 

しかし
これ以外にも甘いものには
太りやすい理由があります。

 

それは
ーーーーーーーーーーーーー
脂肪が燃えるタイミングを
つぶしてしまう
ーーーーーーーーーーーーー
ことです。

 

甘いものを摂っている人は
ちょこちょこと
食べる機会が増えますよね。

このちょこちょこ食いが
“余分な脂肪を蓄積させる原因”
となるのです

 

人間のカラダは主に
糖質と脂肪をエネルギー源として
使っていますが

脂肪の使われる割合が
通常よりも増えるときがあります。

 

それは『空腹のとき』です。

 

糖質が減り血糖値が下がっていくと
空腹を感じるようになります。

すると
脂肪をより使うようになるのです。

 

しかし
ちょこちょこ食べていると
空腹になるときがありません。

これだと
せっかくの脂肪が使われるタイミング
を失ってしまうのです。

 

甘いものをちょこちょこ
食べているのは
食事が足らないからです。

 

いくら食事を減らし
計算上のカロリーを同じにしても

甘いものをちょこちょこ食べている限り
余分な脂肪は使われず蓄積されていきます。

 

やせたいなら
食事をきっちり摂りましょう!

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
==============
ちょこちょこ食いは
余分な脂肪が使われない
==============

 

 

Follow me!