甘いものを食べても太らない?

 

 

 

甘いものを食べても
太らない人がいますよね?

もちろん
食べても太らないといっても
際限なく食べていたら太ります。

 

では
どのくらいなら太らないのか?

これには
あるもの”が関係しています。

 

たとえば、チョコレート1粒を
週1回食べる程度なら
太る人はまずいません。

 

では
毎日1粒食べていたら?

 

ここらへんから
太る人と太らない人がでてきます。

つまり
ある量を超えると太るのですが
その量は人によって異なるのです

 

甘いのを食べても太らない人は
この『許容量』が大きいのです。

逆に
食べるとすぐに太る人は
許容量が小さいので
少量でもすぐにオーバーし
太ってしまうのです。

 

この許容量の幅を
ストライクゾーン』と呼んでいます。

 

ストライクゾーンは
広げることができます。

ストライクゾーンが広がれば
以前は太っていた量を食べても
スリムなカラダを維持できるのです。

 

やせるためには
食事を減らすことが必要。

しかし、食事を減らすと
ストライクゾーンがせまくなります。

 

ーーーーーーーーーーーーー
やせると同時に
ストライクゾーンを広げる
ーーーーーーーーーーーーー

これによりやせた後
甘いものを楽しみながら
体重や体型を維持できる
ようになるのです。

 

「そんなことできるの?」

と思うかもしれませんが
“可能”です。

 

わたしが提供する
体脂肪コントロールでは
その方法がカリキュラムに
組み込まれています。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
==============
ストライクゾーンを広げると
甘いものを食べても太らない
==============

 

 

 

Follow me!