お酒を飲みながらやせるには?

 

 

 

「お酒を飲んでも
 やせられたらなあ、、、」

と思ったことはありませんか?

 

実は
ーーーーーーーーーーー
お酒を飲んでも
やせることはできます
ーーーーーーーーーーー

 

ただし
限度はあります。

お酒を飲んでもやせますが
毎日たくさん飲んでいたら
やせません。

 

多過ぎなければ
ある程度飲んでもやせる
ことは可能なのです

 

しかし
たまに、しかも少ししか
飲んでいないのに
やせられない人もいます

 

この違いは何なのか?

 

それは
===========
基礎代謝への影響の差
===========
です。

 

お酒に含まれるアルコールは
カラダにとって毒。

そのため
最優先に処理されるのですが
このときカラダに負担がかかり
基礎代謝が下がるのです。

 

では
どのくらいまで大丈夫なのか?

 

大丈夫な量、つまり“許容量”は
人によって異なります

 

元々基礎代謝が高く
アルコールの処理能力も高ければ
許容量は多くなります。

こういった人は
お酒を飲んでも基礎代謝への影響が
小さいので、ある程度飲んでいても
やせることができるのです。

 

逆に
お酒を飲んでやせられない人は
元々基礎代謝が下がっている人

この場合が許容量が少ないので
ちょっとお酒を飲むだけでも
すぐに影響が出てやせなくなります

 

こういった人がやせたいなら
お酒を減らすか飲まないことが必要
です。

 

でもこのように話すと

「お酒をやめないと
いけないんですか??」

と思うかしれませんね。

 

ここで大切なポイントは
ーーーーーーーーーーーー
永久にやめるわけではない
ーーーーーーーーーーーー
こと。

 

“まずは下がった基礎代謝を戻し
 体重減のサイクルをつくる”

そのために飲まないのです。

 

ここがクリアーできれば
再び飲むことができますし
しかもやせることもできます。

 

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!