筋肉をつける2つのポイント その3

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

 

「筋トレしても
 なかなか効果が出ない、、、」

という場合
負荷が合っていない(弱い)
可能性が高いです。

 

筋肉をつけるには
日常生活以上の負荷を与える
必要があります。
 

「じゃあ、強い負荷を
 どんどん与えればいいのね!」

と思うかもしれませんが
それも違うのです。

 

筋肉をつけるには
次の2つのポイントがあります。

 

============

1)筋肉に日常生活以上の
 負荷を与える

2)負荷を与えた筋肉を
 回復させる

============

 

強い負荷をどんどん与えていくと
2つ目のポイントである
“回復”が追い付かなくなるのです

 

 

トレーニングで筋肉が強くなる
と思っている人が多いですが
それは違います。

トレーニングは
ただの負荷(刺激)であり
その負荷にカラダが反応し
作り変えようとするので
筋肉がつくのです

 

 

ただし作り変えるためには
負荷を与えられた筋肉を
まずは回復させる必要があります。

 

そのため負荷を与え過ぎると
回復が追いつかず
結果が出なくなるのです。

 

 

筋肉をつけるには
筋肉に日常生活以上の
負荷を与えることが必要です。

 

 

しかし
回復できる負荷でないと
結果は出ません。

回復まで考えて
トレーニングを進めてくださいんね

 

 

ちなみに
回復のために重要となるのが
食事』と『休養』です。

 

トレー二ングだけでなく
『食事』と『休養』もお忘れなく!

 

 

では次回は
筋肉をつける『食事』について
お話します。

 

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!