運動すれば食べても太らない!

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

「運動していれば
 たくさん食べても太らない」

と思ったことはありませんか?

 

これは間違いではありません、
可能です。

 

しかし、
もしも運動だけでやせると
悲劇”が待っている場合があります。

 

 

思い出してみてください。

スポーツ選手が引退後
体型が崩れてしまったのを
テレビなどで見たことは
ありませんか?

 

現役時代は、
あんなに引き締まった
スマートな体型だったのに

今ではお腹が出て、
一見誰か分からなかった、、、

 

このような人たちも、
現役時代はハードなトレーニングを
毎日のように続けていたはず。

ですが、引退後したら
急に運動する機会が激減してしまった、、、

 

そういった状況の中で
現役時代の感覚のまま

「たくさん食べても大丈夫」

と食べていると
どんどん太ってしまうのです。

 

 

ここまで聞いて

「それなら選手時代のように
 トレーニングを続ければいいのに?」

と思いませんでしたか?

 

おっしゃる通り
現役時代と同じ運動を続ければ
太ることはなかったでしょう。

しかしできないのです。

 

運動で消費されるカロリーは、
思ったよりも少ないのが事実。

運動でカロリーを消費しても
少し食べ過ぎれば
簡単にそれ以上摂れてしまいます。

 

ではなぜ、スポーツ選手は
たくさん食べても太らないのか?

 

それは、量的にも、内容的にも、
並外れたハードトレーニングを
行っているから

 

しかし、
そのようなトレーニングを
引退後も続けることはできません

だから引退後に
太ってしまう選手が多いのです。

 

「運動していれば
 たくさん食べて太らない」

というのは事実です。

 

しかし、そのためには
量的にも、内容的にも、
並外れたハードトレーニングが必要。

 

これを続けられなければ
カラダを維持できず太るのです。

 

 

この部分を理解していないと

「せっかくがんばって
 カラダを変えたのに
 元に戻ってしまった、、、」

という悲劇を繰り返します。

 

===============
この運動でやせたとして
続けられるのか?
===============

これが重要です。

運動を選ぶときに
ぜひ自問してみてください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

Follow me!