やせたい、でも甘いものが食べたい理由

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

 

「やせたいのに
甘いもの食べてしまうんです」

そんな経験ありませんか?

 

この場合、炭水化物を
減らす人が多いですが、、、

実はその選択によって
甘いものがさらに食べたく
なっているのです。

 

 

人間のカラダは
必要な栄養素が不足すると
食欲がアップします

しかし、
「ビタミン〇だけ食べたくなる」
といった、細かい欲求ではありません。

 

そのためズレが起きるのです。

 

 

甘いものを欲しているときは
糖質を欲しています

 

ですが
糖質と一言で言っても
さまざまな種類があります。

何でもよいわけではありません。

 

 

人のカラダに必要なのは
主に炭水化物に含まれている糖質

 

それなのに、甘いものを食べ、
炭水化物を減らしたら
カラダは満たされません。

するとカラダは
さらにサインを強く送るようになります。

だから、
甘いものへの欲求が強くなるのです。

 

 

「甘いものを食べたいから
 炭水化物を減らす」

これを繰り返していると
甘いものへ欲求がどんどん強くなり
食べ過ぎてしまうことになります。

 

その結果、
余分な脂肪がどんどん増え
太っていくのです。

 

 

この負のループから抜け出すには
炭水化物をしっかり摂る

 

やせたいなら
炭水化物を上手に使うことです

 

 

でもこの話を聞くと
次のように考える人がいます。

 

「炭水化物がよいなら
 ラーメンを毎日食べても
 大丈夫なのですね!」

 

これは大きな間違いですが、
どうしてだと思いますか?

 

続きは次回話すので
考えておいてください。

 

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

Follow me!