太らない食事の秘訣

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

食べ過ぎて体重が増えても
すぐに元に戻る人がいます。

なぜ戻るのかと言えば、
スリムなカラダを維持する“食習慣
が、身に付いているのです。

 

そんな風になりたいと
思うかもしれませんが、

「〇〇を食べる」「△△を食べない」

といった、
よくあるダイエットの食事法では
この食習慣は身に付きません

 

この食習慣を身に付けるには、
お腹の感覚』がポイントとなります。

 

 

日々変化しているのが人のカラダ

そのため、
たとえ同じものを食べたとしても、
体重が変わらないときもあれば、
増えるときもあるのです。

 

そして、
この変化に合わせることが、
スリムなカラダを維持する
ために必要となります

 

 

しかし、
ダイエットの食事と言えば、
「〇〇をどのくらい食べる」
といった内容ばかり。

これでは、変化に合わせる
ことはできません。

 

変化に合わせるには、
カラダの反応に目を向けて、
食事を選ぶ必要があります。

 

 

特にカラダの反応の中で、
食事を選ぶときに重要なのが
お腹の感覚』です。

 

お腹の感覚に目を向けることで、

「どのタイミングで
 何をどのくらい摂ったらいいのか」

が分かるようになります。

 

 

でも、
多くの人がお腹の感覚を
無視して食べているので、
分からなくなっています。

 

だから、
食べ過ぎてしまい太るのです。

 

 

「年々体重が増えている、、、」

あなたがそういった状況なら、
お腹の感覚のマヒ(=食欲のマヒ)
に陥っている可能性が高いです。

 

お腹の感覚をキャッチできるように
日々目を向けていきましょう。

 

これこそが、やせるとともに
スリムなカラダを維持する食習慣を
身に付ける、トレーニングとなります。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!