正しいのにやせないのは?3(続 カロリー計算編)

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

「カロリー計算しているのに
 やせない、、、」

 

やせない理由は2つ。

前回は1つ目の理由を話しましたので、
今回は2つ目です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー
2)栄養不足になっている
ーーーーーーーーーーーーーー

 

食品のカロリーは、
三大栄養素(糖質、たんぱく質、脂)
の量で算出しています。

 

たとえば食パン1枚には、
糖質が28.0g、タンパク質が5.4g、
脂質が2.5g含まれています。

 

各栄養素 1gあたりのカロリーは
糖質とたんぱく質が4kcal、脂質が9kcal
となります。

そのため、
食パンのカロリーは156kcal
と算出されます。

 

 

しかし、ここに
大きな落とし穴があるのです。

 

それは
================
カロリーだけ見ていると、
栄養バランスが崩れてしまうこと
================

 

 

たとえば、100kcalといっても、
脂質だけで摂ることもできます。

 

では、脂質だけでよいかと言うと
そういうわけにはいきません。

脂質だけでは、
人間のカラダは成り立たないのです

 

糖質もタンパク質も必要ですし、
直接カロリー(エネルギー)にならなくても、
ビタミンやミネラルも必要となります

 

つまり、
カロリーだけ満たしていれば
よいわけではないのです

 

 

最低限のカロリーを満たしても、
栄養不足になると、
カラダは危機を感じます。

すると、防衛反応がはたらき、
代謝が下がってやせなくなるのです。

 

「食欲が不安定でお腹がすぐ空く」
「甘いものを強く欲する」

これらは栄養不足のサイン。

 

栄養不足ではやせなくなります。

見落としやすい部分なので、
ご注意ください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!