それはやせるため?やせないため?

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

「食事を減らし過ぎると
 やせなくなる」

と先日お話しました。

 

食事を減らせば減らすほど、
最初はやせていきます。

 

ですが、食事を減らし過ぎると、
摂取カロリーや栄養が足らなく
なるのです。

 

すると
防衛反応によって代謝が下がり、
次第にやせなくなっていきます

 

 

ただし、
この話(=理論)が足を引っ張り、
やせなくなっている場合が多いので、
注意してください。

 

「食事の減らし過ぎは悪い!」
のですが、、、

だから食べないといけない
と、前と同じように食べていたら、
いつまでもやせません。

 

“食べな過ぎはやせなくなる”

やせたいのなら、
理論をやせるために使うことです。

 

当たり前に思うかもしれませんが、

食事を変えずにやせたい

という気持ちがあると、
自分に都合よく使ってしまい
やせないのです

 

 

今までの食事の積み重ねで、
現在のカラダが作られています

だからこそ、やせたいのなら、
食事を変える必要があるのです。

 

「運動は?」

と思うかもしれませんが、
体重に最も影響しているのは食事です。

 

「疲れているときは、
 甘いものが必要」

「ストレスはダイエット敵なので、
 好きなものを好きに食べる」

これらは一見正しいように
思うかもしれませんが、

多くの場合 誤って使ってしまい、
やせない原因となるのです

 

理論を言い訳として使ってしまうと、
問題の本質が見えなりなります。

すると、やせない負のスパイラル
はまっていくので、ご注意ください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!