それはやせるため?やせないため?2

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

「食事の減らし過ぎは
 むしろやせなくなる」

このような理論を、
やせるために使うのは正解。

しかし、
言い訳として使っていたら、
いつまでたってもやせません。

 

この話を聞くと、もしかしたら、
次のように思うかもしれませんね。

 

「どっちで使っているのか
 自分では分からない、、、」

 

 

言い訳として使っている場合は、
食事を変えずにやせたい
という気持ちがあります。

 

でも、このような気持ちは、
心の奥底にあるため、
自覚していない場合が多いのです。

 

ではどうやって、
正しく使っているのか、
それとも言い訳なのかを、
見分けられるのか?

 

 

見分ける方法は、
次の2つとなります。

 

ーーーーーーーーーーーーー

1) カラダの反応(サイン)

2) 数字

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーー
1) カラダの反応(サイン)
ーーーーーーーーーーーー

食べな過ぎで
防衛反応がおきるときに、
カラダはサインを発します。

 

このサインが出ていたら、

“食事をそれ以上減らさない、
 または少し増やす”

こうすることで、代謝が下がり
やせなくなるのを未然に防ぐ
ことができるのです。

 

 

チェックすべき
カラダのサイン(反応)は、
大きく分けて3つ、
細かく分けると9つあります。

 

私のレッスンでは、
これらのチェックポイントを元に、
自分のカラダがどんな状態かを
日々観てもらっています。

 

これを繰り返すことで、
食事がどのくらい必要なのか、

今何をすべきなのかが分かり、
無理なくやせることができるのです。

 

 

では次回は、2つ目の『数字』
についてお話します。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!