それはやせるため?やせないため?4

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

「食事の減らし過ぎは
 むしろやせなくなる」

このような理論を
正しく使えていたら、
体重が落ちる”といった
数字としての結果が現れます。

一方、数字としての
結果が出ていないのなら、
何かが間違っています。

 

 

しかし、
数字で結果を見る場合、
注意点があります。

 

この注意点を知らないと、
理論を正しく使えていても、
「間違っている」と
勘違いしやすくなります。

 

その注意点とは、
ーーーーーーーーーーーーー
長期的視点で見ること
ーーーーーーーーーーーーー
です。

 

 

たとえば、
体重が落ちなくなったので、

「食事の減らし過ぎは
 むしろやせなくなる」

という理論に従い、
食事を増やしたとします。

すると“体重が増えます

 

体重が増えると
心配するかもしれませんが、
これは当たり前の話。

 

今までより多く食べたので、
体重が増えるのは当然です

 

 

しかし、
時間が経つと状況は一変します

不足していた栄養が満たされると
代謝が上がっていき、
停滞していた体重が、
落ちるようになるのです。

 

ただし、
結果が出るまでには時間が必要で、
すぐに体重は落ちません

そのため、
長期的視点で見ること
必要なのです。

 

 

「食べると太りそう、、、」
という気持ちが強かったり、
結果を焦ってしまうと、

正しい選択をしていても、
間違っていると勘違いして
しまいます。

 

これでは、いつまで経っても
やせることができません。

長期的視点で結果を見る
ことを忘れずに!

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!