太らない習慣

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

“甘いのを食べても太らない人は
 食べても脂肪にならない
『許容量』が大きい”

と前回お話しました。

実はこれ以外にも、
太らない理由があります。

 

 

許容量が大きいといっても、
限界があります。

許容量が大きくても、
食べ過ぎてしまえば太るのです。

 

では太らない人は、
許容量以外に何が違うのか?

それは太ることに対しての、
危機察知能力』です。

 

 

スリムなカラダの人は、
危機察知能力が非常に高い。

そのため、太りそうになると、
早め早めに対処しているのです

 

だから、太ることを、
未然に回避できています。

 

 

食べ過ぎで太るといっても、
すぐにではありません。

食べ過ぎが、少しずつ
積み重なっていくことで、
太っていくのです。

 

だから、積み重なる前に
早めに対処することが重要
となります

 

 

スリムなカラダを
維持できている人は、

“食べ過ぎたら、
 その後食事を減らしている”
  
“食べたくないときは残したり
 前もって食事を少なくしている”

 

太ることに対して、
危険察知能力が高いので、

このようにして、
食事を自然と調整しています。

 

 

自然と行っているとは、
無意識に選択していることであり、
“習慣化している”という意味です

 

やせるため、またやせた後に
スリムなカラダを維持するには、
この『習慣』がキーとなります。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!