ウォーキングでやせない理由


こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

「ウォーキングしているのに
 やせない、、、」

毎日のように
ウォーキングを行っていても、
やせない場合があります。

 

ウォーキングを行うことで
消費カロリーが増える。

しかも、
ウォーキングのような有酸素運動は、
脂肪を燃焼するために効果的。

 

それなのに、
なぜやせないのか??

 

「ウォーキングしていても、
 食べ過ぎているんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、
食べ過ぎていなくても、
やせないことがあるのです。

 

ではどうしてやせないのか?

 

その理由は
ーーーーーーーーーーーーーーー
ウォーキングによって、むしろ
消費カロリーが減っているから
ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「消費カロリーが増えているの
 間違いじゃないの?」

と思うかもしれませんが、
間違いではありません。

 

消費カロリーが
増えているどころか、
減っている”のです。

 

 

総消費カロリーのうち
60~70%という
大部分を占めるのが基礎代謝。

 

実はウォーキングによって、
この基礎代謝が下がって
しまう場合があるのです

すると、
運動による消費カロリー分が、
基礎代謝の低下分で相殺されて
しまいます。

 

これが
ウォーキングしているのに
 ぜんぜんやせない
状態なのです。

 

 

特に最近運動していなかった人が、
毎日のように長時間ウォーキングを行うと
疲労回復が追いつかなくなります。

こうなると、
基礎代謝が下がっていくのです。

 

 

やせたいと思うと、
運動をどんどん行おうとします。

しかし
“自分に合わせて運動する”
といった視点が欠けていると、
残念な結果を招くことに。

あなたは大丈夫ですか?

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

Follow me!