好きなものを好きなだけ食べたい?4

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

今回は、
処理できる食事のキャパシティ
(=食事のストライクゾーン)
を広げる方法をお伝えします。

 

食事のストライクゾーンが狭いと、
せっかく頑張ってやせても、
その後好きなものを楽しみながら
カラダを維持することができません

 

これではつらいですよね

このようになりたくない方は、
今回の内容をぜひ参考にしてください。

 

食事のストライクゾーンは、
筋肉をつけて基礎代謝を上げる
ことで広げることができます。

 

しかし、
“筋肉はなかなかつかない”
“特に女性はあまり多くの
 筋肉をつけたくない”
といった問題がありますよね。

 

そこで、筋肉をつけて基礎代謝を
上げる以外の方法を紹介します。

 

それは
=============
食事の処理能力を上げること
=============
です。

 

イメージしてください。

最近、体力がなくなり、
階段が一気に登れなくなったとします。

この場合、
体力をアップさせないと
と思いませんか?

 

実はこれと同じなのです。

 

体力をアップさせるように、
食事の処理能力を上げる”ことで
食事のストライクゾーンが広がって
いきます。

 

具体的にはどうするのか?

 

体力をアップさせるには
運動で負荷を掛けますよね。

食事の処理能力を上げるときも
同じように負荷を掛けます

 

ただし負荷の掛け方には
注意が必要です

なぜなら、やり方を間違うと、
むしろマイナスにはたらくからです。

 

これは運動も一緒ですよね。

間違った負荷をかけると
下手したらケガをすることもあります。

 

私が提供している
体脂肪コントロールでは、
食事の処理能力を上げ、
食事のストライクゾーンを広げる
ワークが組み込まれています。

 

だから、やせた後に
好きなものを楽しみながら
スリムなカラダが維持・安定
してしまうのです

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!