食べても太らない秘訣3

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

空腹感や満腹感などのお腹の感覚
が狂っている状態は、
カラダに備わったセンサーが
太ったカラダにセットされた状態

無理なく効率よくやせたいのなら
=============
何より先に、
センサーの狂いを正常に戻す
=============

ここが必要となります。

 

では質問です。

「カラダに必要以上の量を
 食べないと満足できない」

この話を聞くと量的な問題を
イメ―ジしませんか?

 

実は
センサーの狂いによる食べ過ぎは、
量的な問題だけではありません。

質的な問題(栄養不足)”も
考える必要があります。

 

たとえば、

「甘いのを食べたいから、
 炭水化物をなるべく摂らない
 ようにしています」

このような人は、甘いものを食べると
つい食べ過ぎてしまうことが多いです。

 

なぜ食べ過ぎるのか?

それは、質的な問題、
つまり栄養不足によって
甘いものを強く欲する
ようになっているのです。

 

炭水化物と甘いものは
どちらも糖質を多く含みます。

しかし、
炭水化物と甘いものの糖質は別もの

カラダに必要なのは、
炭水化物の糖質です。

 

だから、炭水化物を減らすと
栄養不足になってしまい、
量を食べているのに満たされない
センサーが狂った状態になるのです

 

炭水化物は太る
炭水化物はダイエットの敵

と世間で言われていますが、
炭水化物を摂っても
やせることは可能です。

 

その証拠に私のお客さんは、
炭水化物を摂りながら
5~10kgほど体重を落しています

 

ただし、
炭水化物を好きなだけ摂っても
大丈夫なわけではありません。

人体の仕組みから見て、
太らない量があります

 

この量は人体にとって必要な量。

そのため、太らない量どころか、
むしろ摂ったほうがよい量なのです。

 

明日から募集するメール講座では、
センサー(=お腹の感覚)を正常に戻す
具体的な方法を教えていきますが、、、

その中で、科学的に見て
太らない炭水化物の量”も
お伝えします。

 

楽しみにしていてくださいね。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!