代謝を上げる方法2

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

“代謝を上げたかったら
 筋肉だけ見てていてダメ、
 カラダをまわす視点が必要”

では、具体的にどうやって
カラダをまわすのか?

ポイントとなるのが『内臓』です。

 

「筋肉をつけて代謝を上げよう」
と一般的に言われますね。
(この場合の代謝は基礎代謝)

しかし、
代謝の約60%は筋肉以外の部分
が関係
しています。

 

実はこの約60%と深く関係している
のが、“内臓”なのです。

 

そのため、
食べ過ぎや飲み過ぎで
内臓が過労状態におちいると、
代謝が下がってしまうのです。

 

加えて、食べ過ぎたり飲み過ぎると、
内臓が終始稼働し、血液が内臓に
集まった状態となります。

こうなると、
筋肉へいく血液が減るので、
筋肉が貢献する残り40%の部分も
低下してしまうのです。

 

~~~~~~~~~~~~

食べ過ぎる

内臓に負担

代謝(基礎代謝)が下がる

同じ食事でも太る

~~~~~~~~~~~~

このように蟻地獄に
おちいってしまいます。

 

代謝を上げたかったら、
内臓に負担をかけない食事
が必要なのです。

 

ただしこの話を聞いて、
「食事を減らせばよいのですね」
と思うかもしれませんが、
そうは簡単にいきません。

なぜなら、
食事を減らし過ぎると、
カラダに必要な栄養素が不足し、
代謝が下がるからです。

 

カラダをまわし代謝を上げるには、
多過ぎず少な過ぎず、
食事を摂ることが必要となります。

 

「じゃあ、
 どのくらい食べればいいの?」

と思うかもしれませんが、
絶対的な答えはありません

 

なぜなら、
カラダは日々変化しているから。

そのため
カラダの変化に合わせて、
食事を摂ることが必要なのです。

 

変化に合わせて食事を摂る
具体的な方法は、
先日募集したメール講座
お伝えしています。

来月、再募集しますので、
興味がある方は楽しみに
お待ちください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!

    前の記事

    代謝を上げる方法