糖質制限ダイエットと欠陥住宅

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

糖質制限ダイエットでは、
以下の考えが柱となっています。

 

“エネルギー源である糖質は、
 タンパク質や脂質から作れる
 
 加えて、
 脂肪分解時に作られるケトン体も
 エネルギー源として使える”

 

ここまで読むと、糖質を摂らなくても
問題ないように思うかもしれませんが、
実はあるリスクが隠れています

 

人のカラダでは、
毎日古い細胞が壊され、
新しい細胞が作られています。

このとき細胞の材料として、
タンパク質や脂質が
使われているのです。

 

糖質制限ダイエットでは、
エネルギー元として、通常よりも
タンパク質や脂質が使われます。

すると、
材料が足りなくなることがあり、
その場合は古い材料を使って
細胞を作り出すことになります。

 

ここに問題が起きるリスク
があるのです。

 

古い材料を使ってできた細胞は、
以前と形は似ていても、
壊れやすかったり、うまく仕事
をしてくれない場合があります。

そんな不良品の細胞が
最初は少しだったとしても、
積み重なり体内で増えていけば
健康上の問題が出てきます

 

これは、
新しい家を建てるときに、
古い家の柱や壁を再利用
するようなもの。

再利用を繰り返していたら、
家に問題が起きるのは
イメージできますよね。

欠陥住宅の出来上がりです。

 

見た目は問題ない家に見えても、
雨漏りしたり、柱にひびが入ったり、
ドアがうまく開かなかったり、、、

 

糖質制限ダイエットで、
炭水化物をなるべく減らして
やせようとすると、

このような事が
カラダに起きることを、
覚えておいてくださいね。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!