砂糖と炭水化物は一緒?

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

「糖質制限ダイエットをしているので、
 甘いものやご飯をなるべく
 食べないようにしています」

という人がいますよね。

 

では、
甘いものに多く入っている砂糖と
ご飯などの炭水化物の違いは、
何だと思いますか?

 

砂糖も炭水化物も
糖質系の食べ物であることは同じ。

 

しかし、同じ糖質系でも
分類すると別物なのです。

 

砂糖の主成分は、
二糖類である“ショ糖”。

 

一方、炭水化物の主成分は、
多糖類である“でんぷん”と“食物繊維”。

 

二糖類と多糖類の違いは
吸収スピードです

吸収が早いと、
体内で処理しきれず余った分を
脂肪にまわされやすくなります。

 

この吸収スピードから見ると、

砂糖は二糖類が主成分なので、
 吸収が早く脂肪になりやすい

炭水化物は多糖類が主成分なので、
 吸収が遅く脂肪になりづらい

 

それだけではありません。

炭水化物は食物繊維も入っているし、
おかずと一緒に摂ることが多いので、
吸収はさらにゆっくりになります。

 

逆に砂糖の場合はどうでしょうか?

飲み物(ジュース)のように、
単体に近い形で摂ることが多いですよね。

 

糖質系の食べ物で一括りにすると、
砂糖と炭水化物は同じグループです。

 

しかし、どちらを選ぶかで
カラダの反応は違ってきます。

 

砂糖が多いものを
なるべく控えるのは、
やせるために有効です。

ただし、炭水化物まで
同じように避ける必要はありません。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!