炭水化物とウイルス対策

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

ここ最近、
新型コロナウイルスの話題で
いっぱいですね。

 

そこで今回は、
炭水化物とウイルス対策について
お話していきます。

 

ウイルス対策というと、
手洗い、うがい、マスク、
アルコール消毒などが
思いつきますよね。

 

こういった対策も
もちろん大切なのですが、
忘れていけないのが“カラダの対策”。

 

ウイルスに対して、
大きく分けて以下の2つで
カラダは対処しています。

 

~~~~~~~~~~

1)バリアー機能

2)免疫機能

~~~~~~~~~~

 

最初にバリアー機能によって、
ウイルスが体内に入らないように
侵入経路の入り口で防御します。

 

もしバリアーを突破され
体内に入ってしまったら、
次は免疫機能によって
ウイルスを倒していきます。

 

このようにして、
ウイルスを対処していますが、
何より体内に入らないように
することが重要です。

 

ウイルスの主な侵入経路は“粘膜”。

そのため、粘膜のバリアー機能が
しっかりしていれば、ウイルスを
効果的に対処できます。

 

実は炭水化物と粘膜のバリアーには
深い関係があります

 

なぜなら、
粘膜とそれを覆う粘液の材料として、
炭水化物に多く含まれる糖質が
使われているからです。

 

材料が充分なら、
強い防御壁を作れます。

一方、材料が足らなかったら
弱い防御壁しか作れません。

 

つまり、炭水化物が少ないと
バリアー機能が弱くなるため、
体内にウイルスが入やすくなるのです。

 

ウイルス対策のためにも、
炭水化物をしっかり食べてくださいね。

 

「でも太るから
 炭水化物は食べたくない、、、」

と思うかもしれませんが、
ご安心ください。

 

炭水化物を食べながら
 やせることは可能”です。

 

具体的な方法は、
無料メール講座でお伝えします。

今週の土曜日から募集開始するので、
もう少々お待ちください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!