コロナ太りを解消する方法2

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

自粛生活による
コロナ太り』の対策法を
お伝えしています。

今回は2つ目です。

 

ーーーーーーーーー
2)基礎代謝を上げる
ーーーーーーーーー

自粛生活のように、
家に引きこもる時間が増えると、
基礎代謝は下がります。

 

どうして下がるのか?
理由は2つ。

 

それぞれの理由に合わせて、
対策をお伝えします。

 

1つ目の理由は
筋肉が減るから

家にいる時間が増えて
運動不足になると、
筋力が低下し
筋肉も減っていきます。

 

寝たきりの場合ですが、
筋力は1週間で10~15%、
3~5週間で50%まで低下。

筋肉量は、2か月以内で
約半分となります。

 

もちろん
この数字は寝たきりの場合なので、
状況は違います。

しかし動かないでいると、
筋力と筋肉量が減るのは
確実に起こることなのです。

 

そのため、
家に引きこもることが増えたら、

筋力トレ―二ングで、
 筋肉を維持する

ことが必須となります。

 

特に脚の筋肉は、
運動不足で弱りやすいので、
トレーニングをオススメします。

 

2つ目の理由は、、、

これはメルマガにてお話します。

 

実はここが盲点となっていて、
基礎代謝が下がっている人が
多いのです。

 

「何が基礎代謝を下げ、
 太りやすくしているのか?」

また

「どうやって対策し、
 基礎代謝の低下から
 太りやすくなるのを防げるのか?」

ここを詳しくお話します。

 

以下のフォームより、
メルマガにご登録ください。

https://bit.ly/2S6H9p0 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!