体脂肪は減らせばよい?2

 

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

本日も『体脂肪』についてです。

 

前回は
“体脂肪は減らせば減らすほど
 よいわけではない”
とお話しました。

 

では
体脂肪率はどのくらいがよいのか?

 

体脂肪計で有名なタニタさんが提示している
WHOと日本肥満学会の肥満判定に基づいた
以下の数値を紹介します。

 

男性)
18~30歳 11~21%
40~59歳 12~22%
60歳以上 14~24%

女性)
18~30歳 21~34%
40~59歳 22~35%
60歳以上 23~36%

※女性の標準値は30%未満
といわれることもあります

 

しかしこの数字だと
見た目が分かりませんよね。

そこで
以下のイラストをご覧ください。
http://bit.ly/2zWrTSS

 

これを見ると
男性は12~15%、女性は20~25%
が見た目もよく減らしすぎない値となります。

 

ただし数字だけでは
分からないこともあるのです。

 

たとえば
女性で体脂肪率が22%でも
見た目が先ほどのイラストのように
ならない場合もあります。

これは体脂肪計の測定値に
誤差が結構あるためです。

 

また前回
女性は20%未満、男性は10%未満で
カラダに問題が起きやすくなるといいました。

しかし
この値を下回っても全く問題ない方もいます。

 

そこで数字だけでなく
他の指標も使ってカラダづくりを
進めていくことをオススメします。

 

他の指標は以下の2つです。

1)見た目 2)快適さ

 

1)見た目

先ほどの話しましたが
体脂肪計の値は誤差が大きいので
見た目の変化でも判断します。

たとえば先ほどのイラストを参考に
「あのカラダになるまでに脂肪を減らす」
と目標を決めます。

 

あとは日々カラダの変化を
鏡で確認しながら進めていきます。

また
定期的に携帯で写真を撮っておくのも
変化を比較するのに良い方法です。

 

2)快適さ

たとえば
男性の方が12%まで減らしてみたけど
もっと引き締めたいと思ったとします。

その場合は
体調面に問題がないかを確認しながら
さらに余分な脂肪を減らしてみます。

 

男性で10%未満、女性で20%未満になっても
体調がよくそのカラダに満足しているなら
全く問題なしです。

 

今日のポイント
================
体脂肪率だけでなく
見た目や快適さも指標とする
================

 

前回、目標体重のときの体脂肪率を
チェックしてもらいましたが
いかがでしたか?

 

あまりにも低すぎる体脂肪率は
スタートから無理がありますが

目安よりも多少低いくらいなら
体調をチェックしながらその数字に向かって
カラダづくりを進めることをオススメします。

 

目安は全員に当てはまるとは限りません

自分という指標を大切にしていきましょう!

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!