ピラティスはいつ行うと効果的?

time-371226_640

 

ピラティスにおすすめな時間帯

 

パーソナルトレーナー&ピラティスインストラクターの宍戸です。

 

わたしのパーソナルトレーニングでは、ピラティスのエクササイズを少しづつ覚えていったら、お家でも行なっていただくようにしています。

 

そのときに多い質問がこれです。

 

「ピラティスはいつやると効果的ですか?」

 

朝がいいのか、夜がいいのか、、、

また、主婦の方でしたら、午後とかも時間が取れますよね。

 

では、いつがおすすめかといえば【  】です!

目が覚めたら、布団の上で行なっていただいてもかまいません。

 

 

ピラティスを朝行うのがおすすめの理由

 

朝おすすめする理由は3つあります。

それぞれ説明していきますね。

 

 

1.快適な状態でスタートできる

 

筋肉の使いやすさに差がある(筋バランスが崩れている)と、カラダにゆがみが生じます。

 

たとえば、背筋の右が使いやすいとカラダは右へ傾いていきます。

 

加えて、本来使われるはずの筋肉がうまく使えていないと、ゆがみだけでなくハリや違和感が出てきます。

 

たとえば反り腰。

 

反り腰の方は、本来はたらくはずのインナーマッスルが上手く使えていないので、腰や背中に“ハリ“や“きつさ”を感じます。

 

このような方々は、ピラティスで使いづらい筋肉に刺激を与えることで、カラダを整えることがおすすめです。

 

カラダが整った状態は動きやすく、一部の筋肉や関節に無理な負担をかけなくなります。

 

特に朝ピラティスを行えば、カラダが整った快適な状態で1日をスタートできますよ。

 

 

2.やる気スイッチが入る

 

午前中は、

「だるくて仕事にならない」
「眠くてやる気が起きない」

このような方は、カラダがまだ休息モードで目覚めていません。

 

ピラティスによって、休息の副交感神経から、行動の交感神経へスムーズに切り替え、カラダを目覚めさせることができます。

 

 

また、カラダが整い快適な状態になると、気持ちも前向きになります。

 

朝ピラティスでやる気スイッチをオンにして、、

「仕事の効率が上がる」
「1日をエネルギッシュに過ごせる」
「新しいことにチャレンジできる」

など、今より密度の濃い1日を送れるようになりますよ。

 

 

3.腰痛などの予防になる

 

「朝起きると腰が痛い」

 

このような経験があるかも知れませんが、

寝ていて動いていないのと、寒いと温度のせいで筋肉が硬くなります。

 

筋肉が硬くなっているとスムーズに動けず、痛みや違和感を引き起こします。

 

たとえば、ランニングやテニス、バレーやサッカーなど、運動の前ってウォーミングアップを行いますよね。

ウォーミングアップの目的は、カラダを動きやすくすることと”ケガの予防”です。

 

ウォーミングアップと同様、朝ピラティスを行うことで、筋肉に刺激を与え血流をよくし、痛みや違和感を予防することができます。

 

また、ピラティスでカラダ(姿勢)を整えることも、腰痛や肩こりの予防になります。

 

 

朝ピラティスを行うときの注意点

 

朝ピラティスをおすすめしましたが、注意してほしいことがあります。

 

 

注意1.まずは3~5種目行う

 

朝ピラティスと言われて、

「朝は忙しくて時間がない、、」

と思った方もいますよね。

 

ただし、朝行うと言っても3~5種目程度で大丈夫です。

(時間にして5~10分)

 

もちろん早起きが好きな方は、朝にたくさんの種目を行っていただいても結構です。

ただし、朝時間があまりない方は、3~5種目行っていただければOKです。

 

できれば、朝に数種目行って、夜などの時間帯に他の種目を多めに行なっていただくとさらに効果的です。

 

最初は、たとえ1種目でいいので、まずは何かしらはじめていただくことをおすすめします。

 

朝動くと気持ちがよいですよ!

 

 

注意2.強度の高いエクササイズを急に行わない

 

ピラティスの中には強度の高いエクササイズもあります。

 

こういったエクササイズを急に行うと、カラダへ負担をかけ逆にマイナスになります。

 

強度が低めのものから行なってください(低めのものだけでも大丈夫です)。

 

 

注意3.朝に固執しない

 

朝がおすすめと言ってきましたが、何より大切なのは継続 】。

 

ピラティスに限らず、すべてのエクササイズに言えますが、カラダを変えるにはある程度の期間継続することが必要です。

 

「朝苦手、本当に無理」

という方は、無理する必要はありません。

 

「夜お風呂に入る前のほうが続けられる」

というのなら、夜でも結構です。

 

「この時間帯なら続けられる!」

といったところを見つけてくださいね。

 

 

 

最後に

 

「ピラティスをいつやったらよいの?」

という質問には、朝をおすすめしています。

 

朝行うことのメリットは、

 1.快適な状態でスタートできる

 2.やる気スイッチが入る

 3.腰痛などの予防になる

でした。

 

ただし、続けることが一番大切

 

 

朝に固執せず、ライフスタイルに合わせて、

「ここなら続けられる」

といった時間帯に行なってください。

 

 

もちろん、これを機会に、ちょっとだけ早起きにチャレンジするのもよいと思います。

 

「できない」

と思っていることで、自分にブレーキをかけていることって結構ありますからね。

 

あんがい早起きしてみたら、できたりするかもしれませんよ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

『カラダのゆがみを整えスタイルアップ』
体験レッスンはこちら↓ 
action

▲ページトップに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!